自律神経失調症を治療する|病知らずのカラダに整えよう

笑顔の女性

不快症状をやっつけろ

病院

まずは生活の見直しから

身体のあちこちが痛かったり、眠れなかったり、不快な症状に悩まされているのに、クリニックヘ行って検査を受けると「どこも悪い所はありませんよ」などと言われてしまう、自律神経失調症は厄介な病気です。最近ますますこの自律神経失調症が増えていると言われており、うつ病に発展する人も多くなっています。自律神経失調症を治療するためにはどのような方法があるのか、考えていきましょう。自律神経失調症治療の基本は、薬物療法と心理療法です。他に整体や自律訓練法などを組み合わせることもあります。ところで、自律神経失調症はなぜ起こるのでしょうか。人間の身体には交感神経と副交感神経という2つの神経が働いており、それぞれ活動と休息を司っています。この2つは上手く交換し合って人間の身体を維持しているのですが、ストレスが高じたりすると、この交換が上手くいかなくなってしまいます。その結果起こるのが、この自律神経失調症なのです。ですから、ただ単に薬を飲むだけではなく、神経の働きを邪魔したそもそもの原因を探ることで、治療の効果が上がっていくと言えます。ストレスはこの自律神経の乱れに深く関与しています。ですから、身体面だけではなく、心理面からもアプローチしていく治療が求められているのでしょう。また、睡眠時間を確保するなど、日常の生活を改善することもこの病気を治療するうえでは外せないポイントです。夜遅くまで起きているなど生活習慣の乱れが、神経の働きに悪影響を及ぼすのです。自分ではコントロールできない自律神経、地道に治療して、快適な生活を取り戻しましょう。

サインを見逃すな

体温や発汗、睡眠など、生きる上で基本となる行動をコントロールしている自律神経、一度乱れてしまうと、ありとあらゆる不快症状が起こってきます。しかしながら、更年期障害など非常に似通った症状の病気も多く、はたしてこれは自律神経失調症なのか、と迷ってしまうこともあるでしょう。また、症状が出ていても気がつかない人もたくさんいます。自分で「あれ、これはもしかしたら自律神経失調症かも」とチェックするには、どのような点に注意したらよいのか、セルフチェックのポイントを考えてみます。まず全身症状としてはだるさや疲れやすさ、倦怠感などがよく見られます。そして、頭痛や頭がぼーっとするなどの症状が出る場合もあり、動悸がしたり、息苦しかったりといった、一見すると呼吸器疾患のような状態も現れます。また、胃がむかむかしたり、吐き気がしたり、下痢や便秘という消化器系の不調が現れることも多く、トイレが近くなる人もいます。女性の場合には生理不順や生理痛といったことも起こります。他には、肩こりや冷え性、のぼせ、発汗、不眠といった症状もあり、とにかくありとあらゆる不調が生じるのです。もちろん、自律神経失調症になったからと言って、これらの症状が全て現れるわけではありません。身体症状がひどい人もいれば、精神症状が強く出る人もいます。しかし、こうした症状が複数個思い当たる場合には、なるべく早くクリニックを受診して、その旨を医師にお話しされることをおすすめします。中々周りの人にその苦しさを分かってもらえない面のある自律神経失調症、我慢することなく、前向きに対処していきましょう。